【長期インターン】「冬の南紀白浜」を世界中に発信!自然景観・絶景スポットの広報戦略立案から実践(グッズ作り/SNS発信/イベント企画など)を観光最前線の土地で挑もう!

観光開発株式会社

白浜町

ホストの紹介

1971(昭和46)年1月2日に開業しました。熊野水軍が船を格下伝説が残る地下36mにある洞窟にエレベーターを通し、洞窟内を探索できるように整備しました。全体が吉野熊野国立公園に指定されており、ジオパークの一部になっています。地元出身の社員が多く、地元の良さを観光客にアピールするため、若手社員が中心となってSNS活用やイベント企画を行っています。

プラン概要

▫︎インターンの舞台「三段壁洞窟」とは?
三段壁がある和歌山県白浜町は、紀伊半島南部の西側海沿いにある観光地で、日本三古湯の一つ、白浜温泉でも知られています。白浜町には、自然景勝地「円月島・千畳敷・三段壁」があり、白浜に訪れた際には一度は見ておくべき場所として有名です。吉野熊野国立公園にも認定されており、南紀熊野ジオパークのジオサイトの一つです。
三段壁展望台の近くに、『三段壁洞窟』があります。エントランスからエレベーターで地底36m(24秒)下りた先に自然の力で作られた約200mの洞窟が広がっています。
実は、この三段壁洞窟は、平安時代の源平合戦で源氏に加勢した熊野水軍が船を隠していたという伝説が残る洞窟でもあります。
洞窟内に迫力ある波が水しぶきとなり押し寄せていきます。この自然のエネルギーを肌で感じることができるのは、三段壁洞窟の中に入った人にしか味わえないものです。

▫︎現状と課題
『三段壁洞窟』は、これまでに様々なイベントを企画、発信方法を工夫することで、個人客・団体客のお客様への周知をしてきました。その成果もあってお客様の訪問が滞ることなく、2021年に50周年を迎えました。
例えばこれまでに下記のような取り組みを行ってきました。
〇「三段壁洞窟で謎解き!!熊野水軍の残した秘宝を探せ」(2023年7月~8月実施)
https://sandanbeki.com/news/detail.php?id=42
⚪︎星降る洞窟ナイトウォークイベント(2023年9月〜2024年2月実施)
https://sandanbeki.com/nightwalk/
⚪︎インスタグラムで毎日満潮・干潮・日没案内
https://www.instagram.com/sandanbeki_cave/
⚪︎フォトスポットの設置
https://sandanbeki.com/news/detail.php?id=37
⚪︎近隣の観光コースの紹介(WEB)
https://sandanbeki.com/area/
⚪︎2018年突然現れた岩「サドンロック」紹介
https://sandanbeki.com/news/detail.php?id=40


このように取り組みが盛んに行えているのは、社員らが日々営業や案内をする中で顧客のニーズを聞き取り取り入れ実践しているからだと考えます。若手スタッフを中心にして意見を出し合い『三段壁洞窟』に来てくれた方に楽しんでもらえるように試行錯誤しながら取り組んでいます。
ただ近年インバウンド観光客が増加しており、特にアジア(中国・台湾)のお客様が通年訪れてくれていますが現状の従業員ではアジアのお客様のニーズを把握し、必要なサービスを提供できているのか?は検討していく必要があると考えています。
また、三段壁洞窟オリジナルのお土産物が少ないこと、インスタグラムのフォロワー数、フォトスポット(タグ付け)発信などもまだ手が回っておらず改善の余地があると考えています。

▫︎インターン生が目指すところ
まずは三段壁洞窟の課題を正確に分析し、広報戦略を練り、まずは手が動かせるところから小さくてもいくつも実践していってほしいと考えています。南紀白浜といえば夏のイメージが強いため、秋冬の集客のために精力的に観光協会とも取り組んでいるところです。今回のインターン滞在期間は冬(1〜3月)でもあるので、冬の楽しみ方を見つけて発信に繋げていき、次年度以降は秋冬も観光客が訪れることを目標にしましょう!
現場で活躍する社員らと共に、夏に負けない冬の白浜を作っていきましょう。ぜひエントリーお待ちしております!

【和歌山県白浜町】
和歌山県の中部、海辺に位置する白浜町(人口22,696人)は関西有数の観光地です。630mにも及ぶ白砂の砂浜白良浜を中心に、毎年夏には全国から観光客が押し寄せ、近年は海外からの観光客も多く訪れています。


◉対象となる人
・自分の考えを積極的に話すことができる人
・何事にも探究心を持って取り組むことができる人
・まずはやってみよう!と前向きに取り組める人
・インバウンド観光客向けビジネスに興味がある人
・SNSマーケティングに興味のある人
・商品開発&グッズ製作に関心のある人

◉得られる経験
・南紀白浜の観光の最前線で挑戦する経験
・観光地 名勝を自分の手でブランディングする経験
・外国人向けのサービス作りを実践を通して学ぶ経験
・閑散期と言われる時期のプロモーション戦略を立て試す経験

◉期待する成果
・外国人観光客が訪れた際の満足度をアップさせる
・三段壁洞窟の広報戦略の立案とそれに基づいて実践を繰り返す
※具体的な成果指標は、プロジェクト開始時の研修で新藤社長との話し合いで決定します。

募集を締め切りました。
受入上限人数:3名(残り:3名)

その他

基本的に自炊となっていますが、地域や企業の方との懇親の場も多く用意されていますのでお楽しみにしてください♪

催行期間

2024年02月04日〜2024年03月31日

スケジュール

マッチングまで このプランは、長期滞在型インターンのため、下記の流れに沿って慎重にマッチングを行います。

⓪緑ボタン「申込む」を押してコーディネーター(株式会社TODAY山田)とのやりとりを始めてください。
①エントリーシートを記入
②コーディネーターとの面談
③観光開発株式会社との面接
滞在前 1月:オリエンテーション(オンライン)、課題感の共有
1月〜2月:各自で事前調査+アイデア出し
滞在期間中 ※インターン開始時期はインターンシップ生と企業の調整により日程を決定します。
下記は参考のスケジュールです。

2月4日:移動、滞在場所へ
2月5日〜3月29日:現地滞在
2月22日:中間報告
3月28日:最終報告会
3月29日:移動、帰宅
滞在後 コーディネーターとの事後面談を行います。

詳細情報

お返し 宿泊場所の確保、交通費補助があります。
集合場所 JR紀伊田辺駅
送迎 あり
宿泊場所 あり
トウザン荘 住所:和歌山県田辺市下屋敷町74
(トウザン荘とは、インターンシップコーディネートを行う「株式会社TODAY」が運営しているJR紀伊田辺駅近くの古民家ワークスペースです。主に高校生向けに喋ってもいい自習室として開放していますが、イベント会場として貸し出しています。さらに、インターン生が泊まる宿泊場所としても利用されています。)
食事 朝食:なし  昼食:なし  夕食:なし
服装・持ち物 ------

■ 体験前にココが聞きたい!

観光開発株式会社さんに事前質問

32歳 女性

ご質問ありがとうございます。
滞在中には自炊のための食費がかかります。
生活費(食費&娯楽費)は、1ヶ月平均3~5万円です。

20歳 女性

滞在中どのくらい金額がかかりますか?
会員登録をすると、事前に簡単な質問をすることができます(無料)。
体験期間:50日間(締切:2024年01月13日)
募集を締め切りました。
受入上限人数:3名(残り:3名)

その他

基本的に自炊となっていますが、地域や企業の方との懇親の場も多く用意されていますのでお楽しみにしてください♪

催行期間

2024年02月04日〜2024年03月31日

PAGE TOP