わかやまとあなたをつなぐマッチングアプリ わかやまCREW わかやまとあなたをつなぐマッチングアプリ わかやまCREW

和歌山で地域体験!

地方に移住したい、豊かな自然に囲まれた環境で働きたい、地方で自分の可能性を試してみたい方。
地域の「お手伝い」をする代わりに「地域体験」を提供します。
お手伝いをしながら地域で暮らすコツや、
働き方のノウハウが学べます!
わかやまCREWは、自然のなかで働きたいという方が地域のお手伝いを提供し、誰かに仕事を手伝ってほしいという方が地域体験を提供することで、両者がマッチングするアプリ わかやまCREWは、自然のなかで働きたいという方が地域のお手伝いを提供し、誰かに仕事を手伝ってほしいという方が地域体験を提供することで、両者がマッチングするアプリ

■ 最近登録された体験

NEW!!
由良町

地域おこし協力隊と空き家活用・農業のお手伝いを通して地域について学ぼう!!

由良町地域おこし協力隊

2024年05月13日〜2025年02月28日
お返し 宿泊場所及び夕食・朝食の提供(ただし、昼食に関しては自己負担でお願いします)
2日間(締切:2025年01月31日)
田辺市

『田辺の太陽』に会えて、ココだけの熊野米づくりを体験しよう! 未来に繋げる「米づくり・人づくり・町づくり」

株式会社たがみ

2024年04月01日〜2024年09月30日
お返し 宿泊場所、社長と昼食・夕食
30日間(締切:2024年08月31日)
みなべ町

【梅の薪を作ろう】耕作放棄地を減らし新規就農者を増やす!!甘くない、梅干し屋 30歳社長の新たな挑戦!

株式会社うめひかり

2024年04月01日〜2025年03月31日
お返し 弊社商品 (梅干し280gのパック) 天候や時間によってBBQや焚き火を開催します
1日間(締切:2025年03月30日)
紀の川市

【桃農園の農作業体験】新しい価値観やカルチャーを創出していくMIYATA PEACH.5代目園主。この桃山町の景色を一度見に来ませんか?

MIYATA PEACH.

2024年04月01日〜2025年03月31日
お返し 昼食や晩御飯などタイミングによって変動します。
1日間(締切:2025年03月10日)
募集上限に達しました
田辺市

梅のパック詰め体験や、新商品の開発に向けた打ち合わせ、南高梅の魅力を伝える方法を共に考えよう!

(株)紅梅園

2023年12月01日〜2024年12月22日
お返し 弊社商品詰め合わせと、滞在中の食事、観光など
2日間(締切:2024年12月01日)
湯浅町

果樹農家のもとで農業の現場を学ぶ!次世代につながる新しい農業のヒントを見つけにきませんか?

善兵衛農園

2023年05月27日〜2024年06月10日
お返し 農作業のお礼に宿泊場所と食事を支給します。
4日間(締切:2024年05月15日)
田辺市

人手求む!限界集落で挑むお茶農家なっちゃんの挑戦!

Natsumi Chatsumi

2024年01月12日〜2024年12月31日
お返し 宿泊、格安での食事提供。
10日間(締切:2024年12月24日)
田辺市

【動物のお世話の見習い体験】動物・自然と人間を繋ぐ架け橋となる仕事です!

andLand株式会社(アンドランド)

2023年11月25日〜2024年03月31日
お返し 宿泊場所、社長と食事(夕食か昼食)
5日間(締切:2024年02月29日)
田辺市

⭐︎半日からでも!参加可能⭐︎わかやま木育キャラバンで子どもたちに木の温もりを伝えよう!

BokuMoku

2024年02月17日〜2024年02月18日
お返し 今回のワークショップで自分用に制作したものをお持ち帰りいただけます。 (BokuMokuの行燈・ガーランド)
1日間(締切:2024年02月10日)
紀美野町

人・自然・農業が好きなあなたへ、歴史ある棚田を一緒に再生しよう!

中田の棚田再生プロジェクト

2024年01月01日〜2024年02月29日
お返し 季節に応じてお渡しできるものがあればお持ち帰り頂けます。
1日間(締切:2024年02月29日)
有田川町

【農作業体験】みかんで笑顔になれる世界を目指しています!

みかんのみっちゃん農園

2023年07月01日〜2024年03月31日
お返し 季節の収穫品、昼食補助あり
1日間(締切:2024年03月31日)
田辺市

【和歌山の里海づくりをしています】ヒロメの養殖のための採苗・収穫や海の調査などのお手伝い!

ヒロメラボ

2024年02月18日〜2024年03月31日
お返し 収穫したヒロメ。滞在場所は確保しています。
1日間(締切:2024年03月31日)

■ 最近登録された体験

■ 最新レビュー

ヒロメラボ体験
ブルーカーボンについて興味があったため、参加させていただきました。 ブルーカーボンについて丁寧に説明していただいた上、実際にヒロメの収穫体験をさせていただきました!自分で取ったヒロメはとても美味しかったです!! とっても明るくて優しい山西さんのお陰で、楽しく学びのある時間を過ごすことができました。ありがとうございました。
大阪府・女性・21歳・3年
2024年04月11日 21時38分
体験を見る
「田辺の太陽」に会って自分の枠を広げる
 こちらの体験では、米の製造から販売まで手がける、株式会社たがみの代表取締である田上さんに付いて周り、自分の興味に合わせてさまざまな体験ができます。私は下記のような体験をしました。(時期によって体験できる内容に偏りがあるため、事前にしたいことを踏まえて話し合うことをおすすめします) 1日目 顔合わせ、ワーケーションについてのパネルディスカッションに参加 2日目 農業体験 3日目 農業体験 4日目 田辺観光 5日目 和歌山県の事業計画発表会 6日目 活動報告 私は、地方創生や農業DXに興味があったので、農業体験では農業機械やDXへの取り組みなどを学びました。田上さんは田辺の観光協会会長をされていることもあり、様々な職業の方とお話しすることができます。私自身、生まれも育ちも関東で、地方創生に興味はあるけど、具体的なイメージが沸かないという状況を様々な方と話し合うことで打開することができました。本当にありがとうございました。  また、衣食住についてですが、こちらも非常に良かったです。宿泊場所には他の事業者にインターンに行っている学生がいます。彼らとの交流も自分の枠を広げることにつながると思います。食事については自分たちで用意をするという感じです。スーパーもある程度近くにあるし、自炊するのに十分な設備もあるので安心です。  本体験におすすめな人は、好奇心が高い人です。自分が興味があることや、気になったことを田上さんに聞けばほぼ全部答えが返ってきます。しかもどれも興味深い内容でした。田上さんのように経験が豊富な方に付いて回る事ができるのは本当に貴重です。だからこそ、どんどん興味が広がる、どんどん質問できる人がおすすめです!あと、体験期間は長ければ長いほど学びが深くなります、なるべく長く行くことをおすすめします!!
東京都・男性・20歳・2年
2024年04月04日 11時57分
体験を見る
さいっこうの4日間!農作業だけでなく、人間としても成長できました!
一日通しての農作業をしたことがなかったため最初は身構えていましたが、受け入れ先の井上さんや周りの方が丁寧に仕事を教えて下さり、あっという間に4日間が終わっていました。内容としては枝の運搬、レモンの収穫や木の植え替えをしました。後者は穴掘りから行い、大変だった分特に印象に残っています。作業場の傾斜が急でしたが、それにもわくわくし、大いにやりがいを感じられました。特に頂上から自然を感じられ、景色も抜群でした◎宿泊先のFLATはさまざまな出会いがある場所です。生活をする人たちで協力してご飯を作ったのですが、楽しくて、クオリティが高くて本当に美味しかったです。常設のゲームをして夜遅くまで交流していました。夜、天気が良かったらきれいな星が見られます! 4日間、素敵な経験をたくさんありがとうございました!
埼玉県・女性・21歳・3年
2024年03月19日 23時12分
体験を見る
様々な農作業と人との出会い
学生のうちに農業体験がしたいと思い、2月中旬に5泊6日で参加しました。 農作業は収穫だけでなく、草刈りや防風林の整備、苗木の植え替えなど様々な作業を体験でき、勉強になりました。また大学生が入れ替わりで参加するので、様々な大学生と出会うことができ、夜はみんなでご飯を作ったり、ボードゲームをしたりして、とても楽しかったです。 解説してもらいながら柑橘を食べ比べる機会もあり、普段何気なく食べていた柑橘について詳しくなれました。どの柑橘もおいしかったです!
北海道・男性・22歳・4年
2024年03月19日 22時14分
体験を見る
第二の故郷ができました!
田辺のために意欲的に活動なさっている方々のお話をたくさん聴くことができ、田辺のことが好きになりました。街の美味しいものもたくさん食べさせていただき、最高に楽しい一週間でした。 また近いうちに帰りたいと思います! メニューの書き換えだけではない色々な経験ができるので、おすすめです!
神奈川県・女性・20歳・2年
2024年03月18日 17時32分
体験を見る
TEAM HINATAの一員になれた
3日間、日向屋で働くみなさんが快く仲間に入れて下さり、一緒に作業できたことがとても嬉しかったです! 農作業から加工、販売まで全ての業務をされていて、日々異なる作業の一部を体験できる貴重な機会でした。 みかん、梅、ジビエ、に各1日ずつ携わり、私が興味を持ったジビエの解体や罠の見回りにも連れて行って下さりました。 どのような想いで、TEAM HINATAがあるのか、代表達の熱意や今後の展望など沢山お話できたことが1番印象に残っています。 この3日間だけで終わらず、再び活動できることを楽しみにしています! 本当にありがとうございました。
兵庫県・女性・20歳・1年
2024年03月08日 11時55分
体験を見る

■ 体験インタビュー

■ インスタグラム

🙌
【わかやまCREW|体験先のご紹介🍑】
■MIYATA PEACH.(ミヤタピーチ)@紀の川市

【桃農園の農作業体験】
新しい価値観やカルチャーを創出していく
MIYATA PEACH.5代目園主。
この桃山町の景色を一度見に来ませんか?
→https://wakayamacrew.jp/detail/pkqK4nB7ueB169
︎
【体験先Instagram📸】
MIYATA PEACH.(@miyakou1014 )

▷︎こちらの体験とわかやまCREWの詳細は、
プロフィール(@wakayamacrew)の
URLからご覧いただけます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

🔷体験先ホストの紹介🔷
紀の川市桃山町は古くは江戸時代から
桃の栽培が盛んに行われた「桃の産地」。
MIYATA PEACH.(ミヤタピーチ)は、
現在宮村康平さんが5代目の後継者です。
桃は植えてから良い実がなるまで約7年かかりますが、
日々丁寧に手間を惜しまない栽培方法と
品質改良を繰り返し、
質の高い桃を生み出す努力をしています。

ミヤタピーチでは、
テニスコート約180面程の面積を管理し
関西圏では有名な主要品種を中心に栽培。
所属団体の直売所では
早朝から何時間も並んで待っている人もいるほどです。
また、次世代に農業を引き継いでいく新たな一手として、
地域活性の活動を行ったり、桃の価値創出として
新たな桃のブランドを立ち上げたりと
積極的に活動しています。

🔷体験プラン概要🔷
桃だけを栽培する農園です。
時期に応じた農作業を体験いただきます。
摘蕾、摘果、袋掛け、収穫、選果作業、
枝の剪定、枝ひろいなどです。

農作業が終わったら一緒にお茶をしたり、
農業について語り合いましょう。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
*
【わかやまCREW|体験先のご紹介🦉✨】

 ■andLand株式会社(アンドランド)-田辺市
︎【動物のお世話の見習い体験】動物・自然と人間を繋ぐ架け橋となる仕事です! 
https://wakayamacrew.jp/detail/YfJJ87FRWzC159 

@exotic.cafe.moo 

▷︎こちらの体験とわかやまCREWの詳細は、プロフィール(@wakayamacrew)のURLからご覧いただけます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

🔶体験先ホストの紹介🔶
哺乳類、猛禽類、鳥類、爬虫類、魚類、特定動物など生き物を取り扱う専門企業です。
ネイチャーアクアリウムなどのレンタルや販売、メンテナンスをはじめ、動物の派遣、飼育スタッフの派遣、イベントの企画提案・運営、施設などでの飼育管理・指導など、生き物に関する全般を承っております。移動動物園や移動水族館などを公共施設や百貨店、大型ショッピングモールなどで行っています。
動物触れ合いカフェや、ペットショップ営業のコンサルティングも行っております。

🔶体験プラン概要は🔶
1階ペットランドガリバー、2階Exotic cafe MOOの飼育員のお手伝いを行っていただきます。

動物(特に哺乳類、 猛禽類、鳥類、爬虫類、魚類)が好きな方は楽しんでいただけると思います。

SNSの更新も大事な体験内容です。
普段はスタッフの前田さんが行っているのですが、初めての動物たちに触れる体験者の目線で動画を作成し、動物たちの可愛らしい様子をお届けしてください✨

他にも店内のポップ制作なども大歓迎! 気づいたことがあればスタッフや社長へ積極的に提案を行って実施していきましょう!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

📍
*
【わかやまCREW|体験先のご紹介🏡】

 ■ゆめ・やりたいこと実現センター-紀の川市 
︎古民家で障害者の安心できる居場所づくりをサポートしてくれませんか?
https://wakayamacrew.jp/detail/5j1a26szepB72

▷︎こちらの体験とわかやまCREWの詳細は、プロフィール(@wakayamacrew)のURLからご覧いただけます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

🔶体験先ホストの紹介
一麦会(麦の郷)では、2018年度より文部科学省の「障害者の多様な学びの実践研究事業」を受託し、和歌山県紀の川市を拠点に障害者の生涯学習活動を行ってきました。

障害のある人が学校を卒業してからも、好きなことや得意なことを新しく見つけながら、それぞれの「ゆめ」や「やりたいこと」を実現できるようにサポートしています。

「学び合う」そして「創り合う」をテーマに、様々な障害のある当事者が自分の人生の主人公になるよう「やりたいことを(提案・企画・実現)みんなで創る活動」として、活動をしています。

私達の拠点になっているのは、JR和歌山線粉河駅前にある山﨑家住宅(2020年7月に国登録有形文化財<建物>に登録。
築100年以上の古民家)です。

普段からこの活動の他にも、ひきこもりサポート事業も一緒に活動しており、人々がつながり合う場として地域に根付いています。なつかしさや温もりを感じる古民家で、毎週水曜日15時~19時に「夕刻のたまり場」をオープンしています。
作業所などでの仕事後に、みんなで食べたり、話したり、ゲームしたり、楽器を弾いたり、講座に参加したり、ゆったりできる場を創るとともに、障害のある人のニーズを聞きながら多種多様な講座(ウクレレ、書道、お菓子作り、オンライン講座、防災グッズづくり、外国の文化を学ぼうなど)を企画しています。

そして、2021年度からは、「地域連携による障害者の生涯学習活動機会の拡大促進」の事業を受託し、更に地域に根差して取り組んでいくために、紀の川市の生涯学習課とともに講座を企画・開催しています。
地域のみなさんと一緒に活動をして、和歌山県下に活動を広げていきたいと思っております。

<ゆめ・やりたいこと実現センターホームページ>
http://yume-yaritaikoto.jpn.org

🔶体験プラン概要は?

今回の体験は、毎週水曜日の午後に行われている「夕刻のたまり場」のお手伝いをしていただきます。
「夕刻のたまり場」とは、知的障害のある人・精神障害のある人・発達障害のある人・ひきこもりの人などが週に1回集まる場所のこと。

彼らの「安心できる大切な居場所」なんです。
皆さんは作業所などでの仕事が終わって、だいたい15時ごろからこの場所に集まってきます。

山﨑邸に集まり、皆さんが何をしているかというと…。
参加者同士で話をしたり、ボードゲームを楽しんだり、楽器の練習をしたり、やりたいことを自由に楽しんで時間を過ごしています。

また、参加者の「こんなことをやりたい!」という声をもとに、音楽やアート、書道や俳句など講師に来てもらって「やりたいこと講座」も開催し、様々な体験をしています。
体験に来られる方にはボランティアのメンバーとしてその場に参加し、彼らと交流をしてもらえたらと思います。

もちろん、タイミングが合えば「やりたいこと講座」にも一緒に参加してください。
「○〇をしてください」と、スタッフが特別な指示を出すことは基本的にはありません。
話に加わるもよし、一緒にゲームをするもよし、ボランティアの方が講師になって講座をしていただいても構いません。
障害のある人たちと一緒に過ごす、その時間を参加者とともに思いっきり楽しんでいただきたいです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

📍
*
【わかやまCREW|体験先のご紹介🍀】

 ■BokuMoku-田辺市
︎半日からでも!参加可能︎わかやま木育キャラバンで子どもたちに木の温もりを伝えよう!
https://wakayamacrew.jp/detail/hT88iu544CL164

▷︎こちらの体験とわかやまCREWの詳細は、プロフィール(@wakayamacrew)のURLからご覧いただけます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

🔸体験先ホストのご紹介

「Boku Moku」は、和歌山県田辺市で活動する森林コンサルタント・製材屋・木工職人・建築士・家具屋・デザイナーが、「熊野の山を守ろう」と始めたプロジェクトです。

私たちが活動する熊野では林業従事者の減少により、人手が入らなくなることで山が荒れ、貴重な地域資源である「紀州材」に影響が出てきています。

「スギノアカネトラカミキリ」によって食害された木材「あかね材」や、山の荒廃による土砂災害、 下流では漁獲量の減少など。

そこで私たちは「地域の山や資源を守って行こう!」を共通の目標としてクリエイティブな発想でプロダクト(商品)化するプロジェクトをはじめました。
自らを「素朴な木」という意味の「BokuMoku」と名乗り活動しています。

▼BokuMoku
https://www.bokumoku.org/

🔹体験プラン概要は?

今回の体験プランは、「子ども向け木育ワークショップの運営」です!

和歌山県内の林業や製材など「木」に関わるメンバーが集まり活動している、わかやま木育キャラバン実行委員会が主催するイベント『わかやま木育キャラバン』。

子どもたちに、木のおもちゃに触れる機会を作り、子どもや子育て世代の山への関心を高めることを目的に開催しています。「紀の国わかやまを再び『木の国』に!」をキャッチフレーズに、木が好きな人を育てる活動「木育」を通じて、紀州材をはじめ和歌山の魅力的な森林資源のファンを増やし、和歌山県の森林・林業・木材加工産業の活性化に寄与することを目指しています。

🔸今回の体験内容

私たちBokuMokuは、今回もブースを構え、「行燈作り」と「ガーランド作り」の2種類のワークショップをします!

🌳柔らかな灯りが広がる、木とワーロン素材でできた素朴な行燈づくり。
でも、よーく見てみると表面には虫食い痕が。強度や耐朽性には問題がなく中から虫が出てくることもないのでご安心を。
釘を打ち組み立てるキットで、お好みでワーロンに絵を描いてオンリーワンに仕上げていただきます。

🌳空間のインテリアとしてドアや窓辺に飾ったり、壁にかけたりできるナチュラルな風合いのガーランドづくり。
杉・ヒノキ・もみの木の3種類の木を使います。

それぞれの風合いを楽しみながらマスキングテープで模様をつけたり、オイルを塗ったり、マジックで柄を描いたりして、世界に1つだけのオリジナルのガーランドを可愛く仕上げていただきます。

🔻この体験プランはこんな方に来てほしい!🔻
 ・子どもと話すことが好きな方
 ・和歌山が好きな方
 ・木育活動に興味のある方
 ・将来、木に関する仕事につきたい方

他にも14のブースで木育ワークショップが開催されていますのでそちらもお楽しみいただけます。
ぜひ私たち、BokuMokuと一緒にイベントを盛り上げ楽しみましょう!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

📍

PAGE TOP